「★高機能メールソフト、MMメール2」

(最終更新日: 2018/12/11 23:55 EST)

ホームへ  お問い合わせ e-mail

  MMメール2」と呼んで下さい。・・(^_^)・・・

 MMメール2はインターネット上でメールを送受信するためのソフトウェアです。
 Win9x/ME/2000/XP/Vista/7/8/10対応です。
 ★ご注意を、以前で配布してた 「MMメール携帯」 ソフトとは、別ソフトです。
  データの互換性もありません、間違わないようにされてくださいね。


 ★ご注意を、それからMMメールでは、送金手続きの金額によって、
 送付される「ライセンスID」が異なります、
 IDによって「音声対応版」「音声なし版」がありますので、★ご注意を。
 そして音声なし版では音声で使えませんので、くれぐれも★ご注意をお願いします。


 大量のメールファイルの移動やコピーや削除が高速にできるように設計されて
 いますので、たくさんのメールの整理等もスムーズに快適な作業ができます。
 万単位のメールの移動やコピーの処理速度は、他のメーラーとは比較にならない
 くらい高速です。

 また、メール表示と入力編集部に、「MMエディタ」の強力な編集機能を採用し
、  マルチアカウントやメール振分機能、アドレス帳機能、ダイヤルアップの接続・切断
 など高機能でシンプルな使い易い操作構成となっています。
 メール表示と入力編集は、「MMエディタ」とほぼ同じ機能と操作性を実現しました。
 また、表示フォントサイズのリアル変更やカスタマイズ可能なキー操作主体の処理が
 可能など高齢者にもやさしいソフトです。
 具体的な使用方法や設定等に付きましては、本体のヘルプを参照の上ご利用ください。

 また音声対応でもあります。
 表示フォントのリアル変更や音声案内、キー操作主体の処理が可能など
 高齢者や視覚障害者にやさしいバリアフリーなメールソフトです。
 音声化ソフトは MM-Talker2 95/XPReadr、PC-Talker/VDM100W、FocusTalk、Nvda、SAPIに対応。
 なお、初期では音声ソフトの選択がされていませんので、はじめは、メールリストやメール内容を
 音声で読み上げません。音声で遣われる場合は、メニューの「ツール」の[全般的な設定]を開いて
 音声タブの中で、で使われる音声ソフトを選択してください。

スクリーンリーダソフトのバージョンアップで、
 MMソフトでの読み上げができなくなる事について

使用ライセンス許可証

当社製のシェアウェアやフリーソフトのダウンロードや講習会などでの取り扱いについて
MMメールや音声でパソコン利用の情報交換のメーリングリスト[miya2]MLのご案内

『MMメール』 サポート掲示板3    スクリーンリーダー「MM-Talker2」のご紹介
音声対応の「MMエディタ」のご紹介    音声対応の「MM音声ビュア」のご紹介

旧バージョンからのバージョンアップでは、基本的には元へは戻せませんので、アップ内容のご確認を
What's New!   Mm-Mail MMメール2 BGM ♪♪ madonna

・2018/12/11 ★MMメール2 Ver6.00 3.193kb  (高機能メールソフト) 補足説明 説明書 

・2018/11/29 ★旧バージョンのMMメール2 Ver5.14 Windows10対応版


---
 ■主な追加機能と修正
---
2018/12/11 Ver 6.00
※★V6.00からは、有料バージョンアップとなりますので、ご注意を。
※但し、2018年4月以降の購入者は、バージョンアップ無料、継続使用できます。
 詳しくはHPや配布の説明書 Readme.txt を参照されてください。
・GmailのOAuth2接続(IMAPとSMTP)への対応。
 ・GmailのOAuth2認証を使う のチェックボックスを付加。
 ・GmailのOAuth2認証アクセスキー取得 のボタンを付加。
 (アカウント毎設定→基本)
・Google, Yahoo!, Outlook.com, Sakuranet, So-net の
 POP3関連の設定を簡単にできる、POP3の簡単設定 の機能を付加。
 (アカウント毎設定→基本→POP3の簡単設定)
・HTMLメール閲覧のための新機能。
 ・HTMLメール選択時にその旨のガイダンスをします。
 ・HTMLメール表示時の標準動作を以下の3つから選択できる機能を付加。
  ・そのまま表示(Q)
  ・HTMLメールのテキスト化表示(V)
  ・HTMLメールのブラウザ表示(W)
  (全般的な設定→表示→HTMLメールを表示時の動作)
・検索、置換で使用した履歴の、個別の削除や全削除等が行える機能を付加。
 (全般的な設定→編集→検索、置換の履歴の削除)
・NVDAが起動している場合の終了時の不具合への対策 は必要ないので廃止。
 (全般的な設定→基本)

2018/11/29 Ver 5.14
・NvdaでJTalk以外の音声エンジンを使用時の左右カーソルでの移動時に、
 行頭の文字を読まない件の修正。

2018/07/04 Ver 5.13
・Win10-April2018版でATOK2017より古いATOKの使用時にMMメール2が起動できない
 等の不具合が出ることがある件の修正。
・添付ファイルの形式がうまく解析できないメールへの対応。
・表示メール内容を表示しない のスイッチを付加。
 (全般的な設定→表示)

2018/07/14 Ver 5.12
・Win10 April2018アップデート対応版です。
・Ver5.11 での、環境によっては、送信ができないという不具合の修正。

2018/06/08 Ver 5.11
・Win10 April2018アップデート対応版です。
・Win10 April2018アップデート+PC-Talkerの環境で、MMメール2が完全に終了
 できない件への対応。


---

 ○MMメール2はオンラインソフトです、オンライン価格です。
  ホームページよりダウンロードしてお使いください。
   ・・1ライセンス料 単価 音声対応版は 9,800円  音声なし版は 4,800円

 ○V6.00以上のWin10対応版の、旧ユーザ様バージョンアップ オンライン価格は7800円です。
  MMメール2音声なし版(4,800円)のバージョンアップ価格サービスは、ありませんので、ご注意を。
 ○音声対応版では、CD-R版での配布も行います、1枚単位で 12,800円
  この金額は1ライセンス料(9,800)+送料の合計の金額、送料込み・税込みです。
  送金後に、その旨のご連絡をしてもらえば対応いたします。


 現在、消費税は、オンライン価格ではサービスで割引していますが・・
 ○公的な機関や会社法人でライセンスを購入される場合、請求書等が必要な場合は、
  その旨のご連絡をしてもらえば対応いたします。
    1回の郵送につき(ライセンス料+手数料(1000円)+ 合計の消費税 となります。
 ○領収書が必要な場合は送金時の明細書をお使いください。
  ご要望があれば郵送も致しますが、その場合は、手数料をいただきます。
    1回の郵送につき(ライセンス料+手数料(1000円)+ 合計の消費税 となります。
 ○見積書用などのカタログが必要な場合は、以下のページを印刷してご使用ください。
   MMメール2 カタログ用印刷ページ

  ★「重要なお知らせ」★
   MMメール2は、それ以前の数年前のMMメール携帯ソフトとは、別ソフトになりまので
   メールデーターの互換性もありません。
   別途、データコンバートのソフト MTOM2 を配布しています。
   継続して使われる場合は、新たに、ユーザー登録後新IDの収得が必要となります。
   起動時の初期画面で、「ユーザー登録します」を選択エンターされると
   ユーザー登録の画面が表示されます。



●基本仕様  378222
  ・シェアウェア版です。
  ・インターネットメールの送受信処理を行います。
  ・メイン画面は4つのウインドウでシンプルに構成されてます。
    @メールボックスのツリービュー
    Aメール一覧のリストビュー
    Bメール内容の表示
    C添付ファイル表示 (添付なしでは表示しません)
   ○その他の操作画面としては、
    D新規メールや再編集の「メッセージ作成
    E「アドレス帳
  ・マルチアカウント可です、30個まで登録できます。
  ・受信機能ではPOP3 と IMAP4へ対応、選択可能。
  ・メールボックスとして、1:受信箱 2:送信箱 3:草稿 4:送信済み 5:ごみ箱 を装備
    ツリービュー、リストビュ一覧から選択して参照・削除のメンテナンスができます
  ・アドレス帳があります、追加・削除・変更ができます。
    メール一覧からの登録や、新規メッセージ作成の送信先アドレスへの読込も可です。
  ・添付ファイルは複数ファイルの送受信可です、エンコード(送信)は(Base64, Uuencode)
    デコード(受信)は(Base64, Uuencode, BinHex)で可です。
  ・音声ソフトの MM-Talker2、95/XPReadr、PC-Talker/VDM100W、FocusTalk、Nvda、SAPI に対応。
  ・「起動時のパスワード登録」機能があります。
    パスワードを登録しておくと、起動時と変更時にパスワード入力を要求されます。
    但し、登録パスワードを忘れると次回起動ができませんので(★ご注意)を。

 ・詳しくはメニューのその他のHTMLヘルプおよびヘルプのテキスト版を参照の上でご利用ください。
  ・過去のバージョンアップ履歴はReadme.txtに明記されてます。

○以下、配布ファイルの、いくつかのファイルの説明。
 1.MmMail2.exe  実行ファイル
 2.Readme.txt  MMメール2の取り扱い説明書、送金方法
 3.history.txt バージョンアップ過去履歴
 4.MAMMACO.hlp  メール閲覧・編集部のマクロ機能のヘルプ



●『MMメール2』Win9x/ME/2000/XP/Vista/7/8/10版のインストール

  ・「MMメール2」は mm2m600.exe の自己解凍EXE形式でオンライン配布します。
   この場合、600 はVer6.00の場合の例です。
  ・ダウンロードされたファイルは自動解凍EXEのファイルです(MM2M***.EXE)
  ・専用のフォルダー(例 C:\MmMail2)を作成してその中へ置いて実行して下さい。
   自動インストールされます。
     C:\MmMail2>mm2m600.exe
  ・数本のファイルが解凍されますが MmMail2.exe が実行ファイルです。
   エクスプローラからクリックして起動します。
   またディスクトップへショートカットを置いたり、スタートメニューへ登録
    しておけば便利です。
  ・アンインストールは、コントロールパネルの、「アプリケーションの追加と削除」で行います。



以上